有機(オーガニック)

「有機JAS認定マーク」について

有機農産物などを規定する制度が1992年にできましたが、1998年まではガイドラインには強制力がなかったため、紛らわしい表示がみられ消費者が混乱。

そこで、1999年にJAS法改正時に「有機JAS規格」が制定されました。

ここから「有機JAS」マークがあるものだけが、「有機(オーガニック)」と表示できるようになったのです。

「有機JASマーク」はどこで誰が生産したものかを調べられる

有機農産物・JASマーク

有機JASマークは上の写真のマークです。有機JASマークは太陽と雲と植物をイメージしています。

よくスーパーなどで見かける方も多いと思います。「有機JAS認定マーク」が付いていると、どこで誰が生産したものかを調べられるようになっています。

  • 認定番号:NA-13071601
  • 生産工程管理者:滝グループ
  • 原産地:奈良県
  • 生産者:喜多

上の写真を例に見ると、「有機JASマーク(有機農業認証協会)」から認定番号・生産工程管理者・原産地・生産者がわかります。細かく管理されているので、その他についてもわかるのでしょうね。

 

有機JASで規定されているもの4つ

有機JASで規定されているものは以下の4つだけです。

  • 有機農産物
  • 有機畜産物
  • 有機加工食品
  • 有機飼料

「有機農産物」は上の写真のような、野菜や果物のこと。

「有機畜産物」は有機農産物を資料として与え、野外の放牧などでストレスを与えずに飼育、抗生物質などを与えないで育てた家畜から生産されるものです。例えば有機認定を受けた牛乳(オーガニック牛乳)など。日本ではあまり普及していないようです。

「有機加工食品」は有機農産物や有機畜産物、有機加工食品を原材料として、化学合成された食品添加物や薬剤をしようしない食品です。例えば有機栽培茶や有機人参ジュースなど。

有機JAS認定マークがついていれば、オーガニック保証されたもの。登録認定機関の審査を受けて、認定された食品です。

もしスーパーなどで有機(オーガニック)かどうか迷われた時は「有機JASマーク」をチェックすれば確実です。わかりやすいですね。

 

「有機JASマーク」表示までの流れ

  1. 生産農家(製造業者)が登録認定機関(※第三者機関)に申請
  2. 登録認定機関は書類審査と実地検査により「有機JAS」の認定を行う
  3. 認定を受けた生産農家(製造業者)は生産・製造品に「有機JAS」マークをつけ、「有機農産物」「有機栽培農産物」「有機○○」「オーガニック○○」などの表示をして市場に出すことが出来る

参考:「ビオ・からだにほんとうにいい暮らし・オーガニック大研究」

有機野菜とは?特別栽培農産物(無農薬野菜)との違いについて」でも紹介しましたが、有機(オーガニック)と呼べるまではとても大変な行程です。約1%しか有機は存在しないのが、よくわかりますね。

 

海外の輸入有機食品について

海外から有機食品を輸入する場合は、JAS法と同等の基準を持つ国が、農林水産省令で指定されています。

  • アメリカ
  • オーストラリア
  • アルゼンチン
  • ニュージーランド
  • スイス
  • EU15ヶ国

以上の20か国のものは、日本の登録認定機関から認定を受けた輸入業者が「有機JASマーク」をつけて流通することができます。

上の国以外の場合は、国内と同様の審査で認定を受けた製造業者だけが「有機JASマーク」を付けて日本への輸出が可能になります。上で紹介した「『有機JASマーク』が付くまでの流れ」と同じ審査や検査になります。

一番「有機JASマーク」が付いているのは、ビオマルシェの宅配。私も加入しています。

-有機(オーガニック)

Copyright© 有機野菜の食材宅配お試しサイト「オーガニックベジタ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.