有機(オーガニック)

有機野菜がカロリー控えめ(低カロリー)である理由

野菜がたくさんの温野菜

有機野菜は甘くて味が濃く安全に作られているので、安心して食べられるということもあります。ではそれ以外に何が魅力なのでしょうか?

実は有機野菜は低カロリーになります。「なります」と書きましたが、有機野菜自体は低カロリーでは無く、一般の野菜と同じなのですが、有機野菜で料理を作るとカロリー控えめに作ることができます。

今回は有機野菜で料理を作ると低カロリーになる理由についてご紹介します。

有機野菜で料理を作ると、カロリー控えめになる理由

野菜がたくさんの温野菜

産地直送の有機野菜は味が濃くて、それだけでしっかりとした味がついています。甘くて苦くないというのも同じ理由です。実はこの有機野菜の特徴を生かして料理をすると低カロリーになるのです。

有機野菜と一般の野菜はほぼ同じカロリーですが、有機野菜の方がそれぞれの味が濃いため、味付けを濃くする必要がありません。

調味料を少し使うだけで甘みが出てきます。また折角の有機野菜なので、素材の味を楽しみたいという思いもあり、私も料理をするときはわざと薄味にしています。

こういう有機野菜を意識した味付けをすれば、日常から素材の味を楽しめるようになり、それが薄味へとつながります。

野菜は常に甘いという訳ではありません。その時の旬の野菜を選ぶようにするにした方が、より甘く濃い野菜を味わえます。

 

血圧や血糖値が高い方にも

健康診断等で血圧や血糖値が高かったりする方がいると思います。私もいつもギリギリの境界線を行ったり来たりしています。そのような糖尿病予備軍の方に、有機野菜はおすすめです。

絶対に有機野菜である必要はありません。もちろん一般のスーパーで売られている野菜でも旬の野菜は美味しいです。

ただ、有機野菜の方が味の濃いものがより多いし、検査を含めて安心ですからね。比較や確率の問題です。

有機野菜を通販で取り寄せることで、毎週届く野菜が楽しみになりました。有機野菜を購入したことで、健康への意識が高まるという意識変化もありますよ。

 

最後に

有機野菜有機野菜の素材の味を生かすと、自然と薄味になり、低カロリー(カロリー控えめ)になるよという話をご紹介しました。

野菜本来の味を知ることで、より密接になり、野菜への興味が増えてきます。有機野菜の通販を始めたことで、その意識が以前より高くなりました。

その結果、健康への意識改革にもなり助かっています。

ビオマルシェ

100%オーガニック宣言している西日本の有機野菜宅配会社「ビオ・マルシェ」。
本社は大阪。その為、西日本の野菜が多いのが特徴です。もちろん放射能検査も徹底。加工品に置いては国内最高レベル60%以上が有機JAS認証の商品を取り扱っています。
お試しセットは有機JAS「季節の旬の野菜」8~9品目、送料無料で1,500円(税込)。

大地宅配

1975年設立の有機食材のパイオニア「大地宅配(旧・大地を守る会)」。40年の歴史があります。
取り扱っている野菜の88%が農薬不使用です。化学調味料や食品添加物は基本的に使わない方針。
お試しセットは4000円分の野菜&食材が入って、送料無料1,980円。

おいしっくす(Oisix)

農薬ゼロを目指す「おいしっくす(Oisix)」。利用者が100万人を突破したのが安心の証拠です。
添加物の使用を厳しく制限。合成保存料・着色料を一切不使用。
ベビー&キッズの離乳食(ベジキューブ)があります。送料がわかりやすいのが特徴。
お試しセットは4,000円相当の野菜&食材が入って送料無料1,980円。時短献立キット「Kit Oisix」付き。

-有機(オーガニック)

© 2020 有機野菜の食材宅配お試しサイト「オーガニックベジタ」 Powered by AFFINGER5