野菜と栄養素

ベジブロスを活用したいけど農薬が心配な方は有機野菜がおすすめ

ベジブロススープ

最近、ベジブロスという野菜くずを使ったスープが流行っています。ベジブロスとは、ベジタブルの「ベジ」とだしの「ブロス」をあわせた名称です。

私もベジブロスを料理に使うようになりました。理由は有機野菜を無駄なく、まるごと使いたいという思いからです。

ベジブロスとは、野菜くずを弱火で煮だす栄養満点のスープのこと。確かにイメージしただけでも、栄養満点なのが伝わってきます。

特に機能成分である「ファイトケミカル」という抗酸化物質が豊富。抗酸化力は生ジュースの100倍だそうです。

ヘルシー志向の方はベジブロスを始めたいという方も多いはず。赤ちゃんの離乳食にも使いました。

でも気になるのは、余った野菜のくずを使うので農薬が残っていないかということ。今回はベジブロスと農薬との関係についてご紹介します。

 

ベジブロスにはファイトケミカルが豊富

有機農産物(有機大根・ネギ・玉ねぎなど)

ベジブロスにはファイトケミカルが豊富に含まれています。ファイトケミカルというのは、身体の免疫力を高める抗酸化物質のことです。

ファイトケミカルとは?

ファミとケミカルとは、植物に含まれている色素や香りなどの成分で、体の生理的機能を活性化させる機能成分を総称してそう呼びます。

植物(農産物)が紫外線や虫から身を守る為に作り出した機能成分です。抗酸化力が強く、活性酸素の攻撃から体を守り、老化予防(ボケ防止)に有効。

特にビタミンC、ビタミンE、βカロチン、ルティンなどの抗酸化物質が豊富です。

ファイトケミカルは生活習慣病のリスクを低減させることが研究で報告されているので、今最も注目を集めています。

そのファイトケミカルが多く含まれているのは、青汁に使われているケールなどもありますが、一般で購入した野菜のヘタや根、皮、種など、つまり野菜くずなのです。日常捨ててしまっているものが、実は栄養満点なんですね。

 

ベジブロスの材料

ではベジブロスの材料とはいったいどういうものなのでしょうか

  • 野菜のヘタ:人参、大根、小松菜、ほうれん草、トマト、玉ねぎ、リンゴ
  • キノコの軸:椎茸
  • 葉や茎:固くて食べられない野菜の茎、長ネギ、ブロッコリーの茎など
  • 芯:白菜
  • 皮:生姜、じゃがいも、玉ねぎ

以上のような日常捨ててしまっている野菜のヘタ、軸、芯、皮、種などを使って弱火で煮だします。灰汁や苦味がでるので、ベジブロスに不向きな野菜もあるので注意

例えば、玉ねぎの皮にはケルセチン、人参のヘタにはカロテン、リンゴのヘタにはポリフェノールが含まれているのです。特にブロッコリーには200種類以上のファイトケミカルが含まれています。

ベジブロスというのは、ベジブロスを作るために用意するのではなく、普段からこれらの野菜のくずを集めておく入れ物が必要です。

ジップロックのような袋を用意し、そこに汚れを落として集中して集めておくのが良さそうです。

 

 

ベジブロス(野菜だし)レシピ:材料と作り方

ベジブロススープ

NHK「あさイチ」で紹介されたレシピ、材料と作り方です。

材料

  • 水:1,300ml
  • 野菜くず:両手一杯
  • 料理酒:大さじ1

作り方

  1. 大きな鍋に水1,300mlを入れ、野菜くずと料理酒を加え、弱火で30分煮だす
  2. ザルでこすとベジブロスの完成

ベジブロスの作り方はとても簡単。30分間煮だす必要があるので時間だけが必要です。弱火でコトコト煮だしましょう。

野菜に含まれている水溶性の有効成分は煮出してから摂った方が、吸収効率が断然良くなります。

冷蔵庫なら1週間、製氷器などで冷凍すれば2~3か月は保存することができます。

 

ベジブロスと農薬との関係

ベジブロスは農薬と深く関係します。その理由は、野菜のヘタや軸などに農薬が集まる傾向があるからです。

例えば、ほうれん草のヘタは非常に栄養価が高いのですが、逆に農薬が集まっている場所でもあります。その他、キノコの軸などもそう。触らずに切って捨てているくらいに農薬が集中しています。

農薬を取り除くには、野菜のヘタを丁寧に水で洗い流したり、こすり洗いをしたりして農薬を洗い落とす必要があります。

結構手間暇がかかりますが、それでもベジブロスは免疫力が高まるので、健康の為には続けて行くのがおすすめです。

赤ちゃんの離乳食や好き嫌いが出てきた幼児にも最適です。野菜が入っているなんでわからないですからね。

ただ、農薬を取り除くという作業が億劫という方には、有機野菜をスーパーで購入したり、有機野菜の通販を頼んだりすると野菜そのものが安心して食べられ、その有機野菜のヘタを使ってベジブロスを作るのはとても安全です。

 

まとめ

ベジブロスと農薬の関係についてご紹介しました。

私は肺炎で入院してから健康を意識し、同時に子供が生まれたのもあり、有機野菜の通販を始めました。

健康を意識して有機野菜を通販で注文し続けているにも関わらず、当時はベジブロスの存在を知らなかったため、ずっと野菜のヘタを捨て続けていたんです。

今思うともったいなかったと思います。赤ちゃんの離乳食の時にベジブロスの存在を知りました。

有機野菜はほとんどの野菜に農薬が使われていません(一部を除く)。こんな手軽にベジブロスが作れるのに捨て続けていたのです。もったないことをしました。

その後、ベジブロスの存在を知り、野菜のくずを残すようになりました。大きな袋に洗った野菜くずを入れて置くようにしています。たったこれだけのことですがベジブロス作ろうという気になりますよ。

いざベジブロスを作ろうと思ってもなかなかできないですからね。毎日少しずつ洗って集めていくのがおすすめです。

ビオマルシェ

100%オーガニック宣言している西日本の有機野菜宅配会社「ビオ・マルシェ」。
本社は大阪。その為、西日本の野菜が多いのが特徴です。もちろん放射能検査も徹底。加工品に置いては国内最高レベル60%以上が有機JAS認証の商品を取り扱っています。
お試しセットは有機JAS「季節の旬の野菜」8~9品目、送料無料で1,500円(税込)。

大地宅配

1975年設立の有機食材のパイオニア「大地宅配(旧・大地を守る会)」。40年の歴史があります。
取り扱っている野菜の88%が農薬不使用です。化学調味料や食品添加物は基本的に使わない方針。
お試しセットは4000円分の野菜&食材が入って、送料無料1,980円。

おいしっくす(Oisix)

農薬ゼロを目指す「おいしっくす(Oisix)」。利用者が100万人を突破したのが安心の証拠です。
添加物の使用を厳しく制限。合成保存料・着色料を一切不使用。
ベビー&キッズの離乳食(ベジキューブ)があります。送料がわかりやすいのが特徴。
お試しセットは4,000円相当の野菜&食材が入って送料無料1,980円。時短献立キット「Kit Oisix」付き。

-野菜と栄養素
-

Copyright© 有機野菜の食材宅配お試しサイト「オーガニックベジタ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.